当クリニックのこだわり・ドクター紹介|フィルクリニック大阪/スレッドリフト専門・注入専門・点滴専門クリニック/梅田

電話でお問い合わせ 予約フォーム

フィルクリニック 当院のこだわりブランドストーリー

なぜ、スレッドリフト治療の専門なのか?
なぜ、注入治療の専門なのか?
なぜ、点滴治療の専門なのか?

美容治療には大きく分けて、美白治療・美肌治療・たるみ治療・痩身治療があります。 美白治療については、レーザー・フォトフェイシャルといった機器の進化により、どのクリニックでも、手軽に、安価に、効果的な治療を受けることができるようになりました。

では、美肌・たるみ・痩身治療はいかがでしょう?

高周波や超音波を使った機器はありますが、果たして効果は?
金額と時間に見合った結果は出ているでしょうか?
手術は?
フェイスリフトや脂肪吸引、プロテーゼ、自然な美しさに皆さんが満足されているでしょうか?
答えはNOです。

これら機器を用いた治療は全て、皮膚・皮下組織に一時的に熱を加えて収縮させているに過ぎません。 手術には高いリスクとダウンタイム、そして何より不自然さが一生付きまといます。

もっと安全に、効果的に、しかも安価で、美肌・たるみ・痩身治療ができる治療法、それがスレッドリフト治療・注入治療、点滴治療です。

大切にしていくこと

科学技術の進化により、吸収性糸の構造や素材・ヒアルロン酸等の注入製剤の性能や安全性は飛躍的に向上し、今やどなたでも手軽に受けていただける治療となりました。
スレッドリフトだけでも、ヒアルロン酸だけでも十分満足いただける施術です。 さらにコンビネーションとなると、その相乗効果は手術にも勝る実感度と自然さを高次元で両立できます。

しかし、スレッドリフト・注入治療が、手軽に施術できるようになった反面、この素晴らしい治療に影を落とすのが、施術者による効果・リスクの差。
安全に確実に施術を行えるドクターが、必ずしもスレッドリフト・注入治療を行っているとは言えないのが現実です。

ともすれば、薄利多売・売り上げ競争ばかりが先行し、経験の浅い・専門知識の無いドクターが簡単に参入できるこの美容業界では、お客様は常に蚊帳の外。
美辞麗句や煌びやかな写真の並ぶインターネット広告の中で、お客様に本当に安心して、安全に、適正な治療を受けていただくために、私は何をすべきか?
私はこのクリニックに一つの答えを見出しました。

真のスレッドリフト治療の専門・注入治療の専門、点滴治療の専門クリニック。
同様のコンセプトを騙るクリニックもありますが、ご存知のように、それらは美容総合クリニックを母体とした別店舗でしかありません。つまり同じドクターの掛け持ちです。

お客様へお届けできるもの

当クリニックは真のスレッドリフト治療の専門・注入治療の専門クリニックです。

ここにはレーザーも、熱治療器も、エステもありません。
厳選されたスレッドリフト・注入素材と、少しの点滴。
私の腕1本。そして、ホスピタリティあふれるスタッフだけ。
これが必要な全てです。押し売る物は何もありません。

私には、長年形成外科医の一線で培ってきた経験と、センスと、
そして、まごころがあります。 ドクターは私一人、全責任において、全てのお客様に対し、確実な効果・満足感そして安全管理を徹底します。 そして、お客様と共に悩み、共感し、喜びと幸せを共鳴できる、そんなクリニックを作って参ります。

あゝ、満たされる。心も、身体も、そして人生も。

Fill your heart, Fill your life.

フィルクリニック大阪には、そんなお客様への思いと、必要最小限・最短距離の美容治療が詰まっています。

フィルクリニック大阪 院長 宮田 明人 miyata akihito

経歴

2000年 和歌山県立医科大学 卒業
京都大学形成外科に入局。
2003年 京都共和病院 形成外科にてマイクロサージャリーを習得。
2005年 倉敷中央病院 形成外科にて美容外科、形成外科を習得。日本形成外科専門医取得。
2008年 兵庫県立尼崎病院 形成外科部長に就任 形成外科を指揮、後任の指導にあたる。日本美容外科学会所属。
主に眼瞼下垂症をライフワークとする。
2011年 トキコクリニック心斎橋院院長として、心斎橋・淀屋橋・京都にて、美容皮膚科・美容外科・美容内科を研鑽。
注入治療8000例以上、スレッドリフト3000本を誇る。常にお客様目線の誠実な治療を心がけ、貫く。
2017年5月 フィルクリニック大阪を開院。

所属学会

日本形成外科学会 専門医
日本美容外科学会 会員
マイクロサージャリー、ヒアルロン酸、レディエッセから、腸内環境改善まで、学会発表多数。