ベビーコラーゲン|フィルクリニック大阪/スレッドリフト・注入・点滴/梅田

電話でお問い合わせ 予約フォーム

[注入治療]ベビーコラーゲン - BABY COLLAGEN -

しわ・ハリ対策と肌再生・肌質対策
目元や浅い小じわなどのデリケートな部位にも自然になじみます。

ベビーコラーゲンとは

ヒト由来Ⅲ型コラーゲン製剤。
Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンが50:50で配合された、コラーゲン注入剤です。
ベビーコラーゲンは皮膚にとてもなじみやすく、柔軟性があり、目元の小じわ、クマ、額や眉間、ほうれい線、マリオネットライン等の浅く刻まれた繊細なしわのお悩みにおすすめです。
ベビーコラーゲンを注入することで、直後より小じわや肌のハリに変化が見られ、さらにコラーゲ ンが組織へ浸潤しコラーゲンが安定化することで、長期間にわたり肌の状態が保たれます。しっかりとした健康な肌づくり、肌のエイジングケアにおすすめの治療法です。
現在の注入治療ではヒアルロン酸が主流となっていますが、以前はコラーゲン製剤も多く使用されていました。コラーゲン製剤は非常に肌になじみやすい性質があり、目元等の治療や浅い小じわに適した素材です。しかし過去のコラーゲン製剤は牛等の動物由来のため、アレルギーのリスクがありアレルギーテストが必須でした。また、狂牛病プリオンタンパクの混入も懸念され、現在ではその使用はほとんど無くなりました。

ベビーコラーゲンはヒト由来コラーゲンのためアレルギーテストは必要ありません。ヒト胎盤から抽出されるその製造過程は、アメリカ Regenerative Medicine International社による厳重な衛生管理の下※に行なわれているコラーゲン製剤です。

※Regenerative Medicine Internationalは、Regenerative Processing Plant, LLCの海外(日本)出荷用会社で、(RMI=RPP,LLC)はFDAに登録・承認された製造メーカーです。
https://www.regenerativeplant.org/regulatory-information/

ベビーコラーゲン 厳重な衛生管理

また、今までのコラーゲン注入製剤はⅠ型コラーゲンのため、吸収が早く頻回の注入が必要でした。
ベビーコラーゲンには、Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンが50:50で含まれています。
このⅢ型コラーゲンには組織再生能力があります。
実際に皮膚の患部における創傷治癒の初期段階では、まずⅢ型コラーゲンが増殖し、これがⅠ型コラーゲンに置換され安定化することで患部を閉鎖します。
しかし、Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃんの肌に最も多く、25歳前後で減少の一途をたどります。年齢と共にⅢ型コラーゲンが減少し、肌ツヤやハリが失われていきます。
この赤ちゃんの肌のⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンの比率が50:50なのです。

ベビーコラーゲン

また、Ⅲ型コラーゲンは脂肪細胞の新生・再生を促します。
真皮下の脂肪細胞が増殖し裏打ちとなることで、しっかりとしたボリューム感のある肌を作ることができます。

ベビーコラーゲン ヒアルロン酸
しわ対策
ボリューム
造形力 ×
持続力
組織再生能力 ×

Dr.’s Voice

ドクターイメージ

ベビーコラーゲンは、①ヒアルロン酸の直後からのしわ・ハリ対策、②PRPの長期間にわたる肌再生・肌質の変化、これら両方を持ち、しかも目元や浅い小じわといったデリケートな部位にも自然になじむ、おすすめの注入製剤です。
しかし、なじみやすいためボリュームアップ効果は弱く、深いほうれい線や頬の凹み等の改善には不向きです。
ヒアルロン酸やスレッドリフトによるベースアップとの併用治療としての使用をおすすめします。
また開封後の保存が効かないため、1本1ccの当日使用が原則となります。目元だけでは約 0.5ccの使用量となり、額やほうれい線・マリオネットライン等の浅いしわへの注入も併せて行う方や、ご友人やご家族でシェアされることもございます。その際も、当クリニックではクリーンベンチ内で衛生管理に気を配り、使い捨て注射器・注射針にて小分けさせていただいております。

■施術:ベビーコラーゲン注入
副作用(リスク):個人差がありますが、一時的に、腫れ、針痕、内出血、多少の凹凸感、稀にアレルギーを起こす可能性もあります。

ベビーコラーゲンの料金設定

ベビーコラーゲン (プラセンタコラーゲン) 1cc ¥100,000

※税別価格

施術の流れ

POINT 01
注入するエリアに麻酔クリームを塗布します。
POINT 02
ベビーコラーゲンを、しわとしわを含むエリアの皮膚に少量ずつ注入します。多層に分けて注入することで、肌表面の小じわから深層のハリ感、ボリュームまで、肌全体をしっかりと調整します。
POINT 03
ベビーコラーゲンには局所麻酔が含まれており、さらに冷却、極細の注射針を使うことで腫れ・痛み・内出血に配慮しています。また部位に応じて先の丸いカニューレ針を使用し内出血リスクを軽減します。
POINT 04
注入直後は腫れ凹凸を感じることがありますが、その後肌になじみ、自然な肌感に変化します。スタッフにより圧迫・冷却等の内出血予防ケアをしっかりさせていただきます。当日よりメイクをしていただけます。
POINT 05
Ⅲ型コラーゲンが補充されることで、創傷治癒の作用による肌再生とコラーゲンの安定化、さらに脂肪細胞の増殖を導き出します。さらに定期的に補充し肌再生・肌基礎作りを重ねることをおすすめします。