脂肪溶解注射・BNLS注射|フィルクリニック大阪/スレッドリフト専門・注入専門・点滴専門クリニック/梅田

電話でお問い合わせ 予約フォーム

[注入治療]脂肪溶解注射・BNLS注射 - BNLS -

本当に落としたい脂肪をピンポイントで狙う、
見た目年齢をコントロールするエイジングケア。

脂肪溶解注射とは

大豆由来レシチン(フォスファチジルコリン)とデオキシコール酸を主成分とした痩身注射です。脂肪細胞の細胞膜にフォスファチジルコリンが浸透し、脂肪細胞を破壊します。さらにデオキシコール酸(胆汁酸)により細胞内にあった脂肪を乳化・分解し、リンパに流れて血液から体外へ排出されます。 脂肪細胞の破壊から体外排出まで約1ヶ月をかけて徐々に痩身効果が出ます。 一度破壊された脂肪細胞は再生できず、リバウンドのない痩身治療となります。

女性イメージ

Dr.’s Voice

ドクターイメージ

痩せたいからと大切なお客様の体内に大量に注入するのではありません。 調味料のように、少量で料理を美味しく、大量で不味くしてしまう、それはシェフのさじ加減で決まります。 注入治療とは、少量で、理想的な変化を出せることこそが一番大切です。

脂肪溶解注射の料金設定

料金はこちら

施術の流れ

POINT 01
脂肪の多い部分にポイントで注入していきます。 両頬で4~6ヶ所、顎裏で5ヶ所、それぞれ5cc程度が目安です。
POINT 02
約1ヶ月をかけて徐々に効果が出るため、まずは2~3週間おきに3回を施行し、その後はさらに減量したい部分に、減らし過ぎないよう徐々に追加していくことをおすすめします。 薬剤の濃度・ph等を部位別に調整しているため、 注入による痛み・腫れ・赤みはほとんどありません。 薬液のボリュームは数時間で消失します。
POINT 03
なお、大豆アレルギーの方、顔のむくみが強い方や、当院の脂肪溶解注射で赤みや腫れが出た方には、BNLS(輪郭)注射をおすすめします。

BNLS注射とは

大豆由来レシチンを使用せず、ナチュラルハーブ・植物性成分を主成分とした痩身注射で す。 脂肪分解作用に、むくみ改善、肌のひきしめ、肌再生、保湿、抗炎症効果が合わさったカクテル剤で、早期(3~4日後)より痩身効果が実感できます。また、腫れや赤み、熱感がほとんど出ず、安全性の高い製剤として認識されています。 まずむくみの改善が3~4日で起こり、すっきりとしたフェイスラインを実感します。さらに脂肪減量効果はゆっくりと1ヶ月程かけて進みます。 脂肪溶解注射のような炎症リスクは少なく、まずは1~2週間おきに3回の施行をおすすめします。 むくみ改善効果は2~3週間ですが、脂肪減量が進むとむくみにくくなるため、継続治療がおすすめです。

BNLS注射イメージ

脂肪溶解注射・BNLS注射による部分痩身治療について

ヒアルロン酸等の注入治療と違い、脂肪溶解注射やBNLSの痩身注射は、その効果がすぐにしっかりとは実感できない治療です。 なぜなら、これら痩身注射で落とせる脂肪とはほんの数グラム程度に過ぎません。 ダイエットで数キロ痩せるのとは根本的に違います。 しかし、ダイエットをしてもなかなか落とせない部分脂肪があります。 そんな、本当に落としたい脂肪をピンポイントで狙うことが、これら痩身注射の本当の使い方です。

フィルクリニック大阪の「注入治療・脂肪溶解注射・BNLS注射」の特徴

痩身注射のポイントは、注入治療とのバランス。
注入治療によるプラスと、痩身注射によるマイナスにより、メリハリのある顔の形にコントロールすることです。 マイナスばかりにこだわると、げっそりとやつれた顔に、将来的には老け顔となってしまいます。 一度無くなった脂肪細胞は復活しません。 プラスマイナスで見た目年齢を自在にコントロールし、年齢を感じさせない治療こそが、本当のエイジングケアなのです。

Dr.’s Voice

ドクターイメージ

当クリニックは安全性の不確かな、安価な製剤は一切使用しません。 厚生労働省の認可の有無にこだわることもありません。 質感、持続力は各製品にそれぞれ特徴があります。海外製品でも安全性のしっかりした製剤であれば適材適所で使い分けることで最大の効果を生み出すため適切な製剤を適量ずつ使用します。 必要以上の費用をお客様にご負担いただくことはありません。

BNLS注射の料金設定

料金はこちら