目元|フィルクリニック大阪/スレッドリフト専門・注入専門・点滴専門クリニック/梅田

電話でお問い合わせ 予約フォーム

[症例別のお悩み]目元 - TROUBLE -

疲れ、やつれなど、不健康な印象の表情を解消。

クマのお悩み

クマには黒グマ(影グマ)・青グマ(うっ血グマ)・茶グマ(色素グマ)の3種類があります。 黒グマは、下まぶたの凹凸により目立つ影です。 青グマは、寝不足や疲労により下まぶたの筋肉(眼輪筋)にうっ血し、薄い皮膚から透けて青く見える状態です。茶グマは、色素沈着やシミ・肝斑により茶色くくすんだ状態です。 これら3種類のクマが合わさり、疲れた、不健康な印象の表情となります。

くま

Dr.’s Voice

ドクターイメージ

3種類のクマそれぞれに対応した治療を行います。 影グマは眼窩脂肪の減少や下垂による凹みであり、ヒアルロン酸のボリュームアップで消失します。さらに下まぶたの皮膚や筋肉が薄くなると、徐々に眼窩脂肪の下垂に耐えられなくなり下まぶたは突出し(buggy eyes)、青グマも目立ちます。
突出の強いものは脱脂手術の適応ですが、ヒアルロン酸で凹凸・小じわを整え、さらに下まぶたの皮膚にPRPや水光注射でコラーゲン産生を促すことによりしっかりとした支持力のある皮膚作りも効果的です。
BNLS注射によるbuggy eyes改善もおすすめです。
茶グマには、PRPや水光注射による肌質改善・代謝改善や、ハイドロキノン外用、さらには高濃度ビタミンC点滴やグルタチオン点滴でメラニン産生を抑えましょう。

上まぶたのくぼみのお悩み

上まぶたの凹みは、眼窩脂肪の減量と、眼瞼下垂症による筋肉の引き込みが原因です。 (sunken eyes)老いた、やつれた印象となり、眼瞼下垂による肩こり・偏頭痛・眼精疲労や前額しわが深くなります。

うわまぶた

Dr.’s Voice

ドクターイメージ

上まぶたの凹みへ瞼専用のヒアルロン酸を極少量注入することでふっくらとした元気な目元を作ることができます。 PRPや水光注射による肌質改善もおすすめです。また、眼瞼下垂症手術により眼瞼挙筋の引き込みを軽減させることでsunken eyesは軽減します。

フィルクリニック大阪の「上まぶたのくぼみ」おすすめ施術

目尻じわのお悩み

笑った時に出る目尻じわ(カラスのあしあと)は、年齢によりコラーゲン・エラスチンが減量し薄くなってしまったまぶたの皮膚が、眼輪筋外側の収縮によりヨレてしまうことで起こります。

Dr.’s Voice

ドクターイメージ

ボトックスで眼輪筋外側の過剰な動きを止めることで、笑った時の自然な目尻の表情を残しつつ目尻じわを目立たなくすることができます。
笑っていない時にも残る、深く掘れてしまったしわは、目元専用のヒアルロン酸で消します。
ボトックスを3~4ヶ月おきに定期的に続けることで、目尻じわが深く掘れてしまわないように予防しましょう。
また、PRPや水光注射で厚く健康なまぶたの皮膚を作ることも大切です。

フィルクリニック大阪の「目尻じわ」おすすめ施術